RMT-HTO > FF14 RMT > ニュース

GeForce 15製品とRadeon 9製品をテスト。1920×1080ドットを中心に5解像度で比較 FF14-hto

日期:2017-05-09 (0ヒット)


 テスト環境のセットアップに入ろう。
 今回,GPUは前述のとおり24製品用意した。GeForceはPascal世代のGeForce GTX 10シリーズ7製品すべて(※GeForceを名乗っていない「NVIDIA TITAN Xp」「NVIDIA TITAN X」は除外する)と,第2世代MaxwellアーキテクチャからGeForce GTX 900シリーズ,そして第1世代Maxwellアーキテクチャから,スクウェア・エニックスがPC版紅蓮のリベレーターの必須動作環境としている「GeForce GTX 750」と,その上位モデルに当たる「GeForce GTX 750 Ti」も用意した次第だ。
 Radeonのほうは,Polarisマクロアーキテクチャを採用するRadeon RX 500&400シリーズと,その上位モデルでFiji世代のRadeon R9 Furyシリーズを一通り揃えている。

 今回のテストにあたってはできる限りリファレンス仕様のカードを用意しようと努力したが,「そもそもリファレンスデザインのカードが流通していない」などといった理由により,すべて揃えることはできていない。そのため,クロックアップ仕様のカードはMSI製オーバークロックツール「Afterburner」(Version 4.3.0)を用いて,動作クロックをリファレンス相当にまで下げている。
 ただ,クロックアップ仕様のカードはより冷却能力の高いクーラーを搭載するケースがほとんどなので,純然たるリファレンス仕様と比べると,ブーストクロックは高く推移するはずだ。こればかりはどうしようもないので,やむを得ないものとして話を進めさせてもらえればと思う。

 テストに用いたグラフィックスドライバはGeForceが「GeForce 381.89 Driver」,Radeonが「Radeon Software Crimson ReLive Edition」。どちらもテスト開始時点の最新版だ。どちらもより新しいものが5月に入ってから登場しているが,FFXIV紅蓮のリベレーター ベンチに関するアップデートは報告されていないので,大きな問題はないと考えている。そのほかテスト環境は表のとおりだ。


※そのまま掲載すると縦に大きくなりすぎるので簡略版としました。表画像をクリックすると完全版を表示します 

グラフィックス設定プリセットは,最も負荷の高い「最高品質」と,比較的低い「標準品質(デスクトップPC)」(以下,標準品質)を選択。以下,GPU名から「GeForce」「Radeon」は省略するが,ハイエンドからエントリーまで幅広く製品を集めたこともあり,GPUをまず以下のとおり3グループに分けることにした。




ハイクラス:GTX 1080 Ti,GTX 1080,GTX 1070,GTX TITAN X(※第2世代Maxwellベース),GTX 980 Ti,R9 Fury X,R9 Fury
ミドルクラス:GTX 1060 6GB,GTX 1060 3GB,GTX 980,GTX 970,R9 Nano,RX 580,RX 570,RX 480,RX 470
エントリークラス:GTX 1050 Ti,GTX 1050,GTX 960,GTX 950,GTX 750 Ti,GTX 750,RX 460,RX 550


 そのうえで,クラスごとにテスト解像度を以下のとおり分ける。すべてのGPUで1920×1080ドットのテストを行うが,それ以外の解像度は,ターゲットとなる市場ごとに変わるという理解でいい。
 なお,テストは基本的に「フルスクリーン」を選択して行っているが,1280×720ドットだけはフルスクリーン表示を行うとスコアが大きく低下したため,ウインドウを擬似的にフルスクリーン表示させる「仮想フルスクリーン」を選択している。




ハイクラス:3840×2160ドット,2560×1440ドット,1920×1080ドット
ミドルクラス:2560×1440ドット,1920×1080ドット,1600×900ドット
エントリークラス:1920×1080ドット,1600×900ドット,1280×720ドット




 なお,事前の検証で,複数回テストを繰り返してもスコアに大きなバラツキがなかったことと,1回あたり6分強という所要時間を考慮し,今回,テストは1回だけ実行し,そのとき得られたスコアを採用することにした。また,テストにおいては「Fraps」(Version 3.5.99)からテスト中の最小フレームレートも取得する。
 さらに今回は,実際のゲーム環境に近づけるべく,CPUの自動クロックアップ機能である「Intel Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)は有効なままテストしている。


 ちなみに,スクウェア・エニックスが示す「スコアの見方」は以下のとおり。7000以上で「非常に快適」,5000~6999で「とても快適」といった,基本的な見方はFFXIV蒼天のイシュガルド ベンチから変わっていない。


●ベンチマークスコアとプレイの目安


7000以上:非常に快適
5000~6999:とても快適
3500~4999:快適
2500~3499:やや快適
2000~2499:普通
1500~1999:設定変更を推奨
1000~1499:設定変更が必要
1000未満:動作困難



今後ともRMT-HTOをよろしくお願い申し上げます。
 
                                                                                                                                           RMT-HTO運営チーム
                                                                                                                                      

                                                                                                                                                                                                                                                                                             

FF14 RMT

他の人気ゲーム





RMT | Tree of Savior RMT |TOS RMT |リネージュ2 RMT |TOS RMT アイテム
会社概要 | 利用規約 | プライバシステトメント | 特定商取引法に基づく表示 | sitemap | RSS   Run in0.0013s,Mem:1.83 mb