RMT-HTO > ニュース

アイオン RMT 「トイボックスツアー2013」のレポートご紹介

日期:2013-08-29 (0ヒット)

アイオン RMT エヌ・シー・ジャパンはMMORPG「The Tower of AION」において、オフラインイベントアイオン RMT「トイボックスツアー2013」のレポートで紹介しました。

 

AIONの世界観は,プレイヤーキャラクターが翼を備えた“ディーヴァ”として,天族と魔族の果てしなき戦いに身を投じるという,一般的なファンタジー系のRPGと比べて華やかな雰囲気が特徴であった。最近では銃器を操るバレットウィングが登場するなど,世界観が少ずつ変わってきているが,ここへ来てついにロボットです。

 

アイオン RMT 「トイボックスツアー2013」

 

Episode4.5では大小さまざまな要素が追加されるが,会場ではそれらの中でも最大の見どころとなる,ロボット風の新クラスが紹介されました。アイオン RMT

 

アルティメットカマルは,“Episode4.0 Advance”で追加されたインスタンスダンジョン「激戦地カマル」をモチーフにしたオリジナルダンジョンだ。来場者は天族のキャラクター10名,魔族のキャラクター10名による即席チームを編成して同じエリアへと進入し,敵対種族とのPvPを繰り広げます。

 

アイオン RMT 「トイボックスツアー2013」

 

ベースのサウロの軍需基地は,正攻法で攻略すると,クリアまで約2〜3時間を要するインスタンスダンジョンである。そのためAIONプレイヤーは時間を短縮するべく,序盤に設けられたモンスターの密集地帯を強引に駆け抜けた後,一旦全滅→やり過ごした後に復帰するという戦術を採ることがあるのだが,今回は天族・魔族の両チームがそれを敢行。しかし,この戦術はメンバーの全員が慣れていないと難しいこともあり,両チーム共に失敗してしまう。その後は,それぞれ正攻法で攻略していくという展開に。

 

アイオン RMT 相場

他の人気ゲーム

アーキエイジ rmt

 

 


 




RMT | Tree of Savior RMT |TOS RMT |リネージュ2 RMT |TOS RMT アイテム
会社概要 | 利用規約 | プライバシステトメント | 特定商取引法に基づく表示 | sitemap | RSS   Run in0.0039s,Mem:1.06 mb