RMT-HTO > ニュース

AION RMT 「Episode 4.0 Advance」アップデート、5つの高レベルプレイヤーについての追加情報

日期:2013-08-07 (0ヒット)

AION RMT   株式会社エヌ・シー・ジャパンは2013年8月6日に,サービス中のMMORPG「The Tower of AION」で,上級者向けのコンテンツを満載したアップデート「Episode 4.0 Advance」を実施する。

 

「Episode 4.0 Advance」では5つの高レベルダンジョンが実装されるほか,新たなミシックグレードのアクセサリや,新装備シリーズなどが登場します。AION RMT  

 

サウロの軍需基地

 

遠い昔、山脈に隠れたルーン族の聖域があった。

 

サウロの軍需基地

 

聖域は長い間放置されていたが、ベリトラ軍の情報部隊の指揮官である、第40軍団長のシータにより発見されることとなる。

 

聖域に隠されたイドゲルの存在を知ったシータは、その力を利用して自分が龍帝の座にのし上がろうと野心を抱く。シータはそんな思惑を覆い隠しながら、ベリトラをだますことを決心し、ここはベリトラ軍の軍需基地として活用するのに最適の場所だとベリトラに説明する。

 

ヨルムンガンドの橋


ヨルムンガンドの橋は、地下カタラムの特別な出入口を通じて入場できる。

 

ヨルムンガンドの橋

 

カタラム近隣の山脈に建設されたベリトラ軍の武器庫で、ベリトラ軍が特殊製作した攻城兵器ボンバードが保管されている場所だ。

 

ベリトラ軍はボンバードを守るため4ヶ所の警戒所と特別なバリア、そして簡単には進入できない橋を準備した。

 

ヨルムンガンドの橋の入場NPCは、地下カタラム「ラタ軍の第2駐屯地」に配置されています。 AION RMT  


 

ルーンの安息所

 

ルーン族の高位層の墓地として、地下に設計された。

 

ルーンの安息所

 

当時は権威を象徴する場所であったため、貴重なルーン族の遺産が大量に埋蔵され、その遺産を守るために複雑な迷路が建設された。

 

 

天族と魔族は、イドゲルの活用法が書かれているルーン族の遺跡を死守するためにルーンの安息所に入っていく。


 

鉄壁の砦


鉄壁の砦は、ルーン族がベリトラ領地と南カタラムの間に建設した関門であり、一時はベリトラ軍がカタラムへ進出する主要通路として使われていた。

 

 

「第81基地」を占領した種族のみ「鉄壁の砦」の入場NPCを通じて入場できます。
- 鉄壁の砦入場NPCは南カタラム「第81基地」内に配置されています。


 

激戦地 カマル


 
「激戦地カマル」は、制限時間の30分間に、配置されたモンスター、敵対種族と勝負を競う、12対12のフォース形式のインスタンス ダンジョンです。

 


アイテム


・新規製作レシピを追加します。


 - 新規ミシック グレード アクセサリー、ミューテーション カタリウム 武器のレシピを追加します。
 - 新規レシピは、北カタラムの第76基地と地下カタラムの拠点で購入できます。

 

チューニング機能を拡張します。

一部装備アイテムの再チューニング機能を追加します。 


 

「「Episode 4.0 Advance」実施!5つの高レベルダンジョン」の詳細はコチラ

 

AION RMT   安全

 

他の人気ゲーム

 

アーキエイジ rmt

 




RMT | Tree of Savior RMT |TOS RMT |リネージュ2 RMT |TOS RMT アイテム
会社概要 | 利用規約 | プライバシステトメント | 特定商取引法に基づく表示 | sitemap | RSS   Run in0.0041s,Mem:1.07 mb